ネムルト・クレーター湖、ユネスコ世界ジオパークネットワーク認定に向けて取り組み

ビトリス県タトヴァン区で自然の美しさに加えて熱い湖と冷たい湖、氷の洞窟、生物多様性を備えていることから地域の重要な目的地の1つとなっているネムルト・クレーター湖とその周辺は世界に紹介される。

1677154
ネムルト・クレーター湖、ユネスコ世界ジオパークネットワーク認定に向けて取り組み

 

毎年国内外の観光客数千人が訪れる標高2250メートルにあるネムルト・カルデラを国連教育科学文化機関(ユネスコ、UNESCO)世界ジオパークネットワークに加えて世界に紹介するための取り組みが続けられている。

地域を視察した学者たちは、カルデラの石と土壌の構造、植生、固有の植物種、地形学的特徴を検出している。

ほぼ完了した科学的研究の結果作成される報告書に沿って、ユーロピアン・デスティネーションズ・オブ・エクセレンス事業の枠組みで「アワード・オブ・エクセレンス」を受賞したネムルト・カルデラを世界ジオパークネットワークに加えるためにユネスコに申請が行われる予定である。

事業が承認されれば地域観光に大きく貢献することになるネムルト・カルデラ湖を世界的に知られた場所にすることが目指されている。

 

(2021年7月18日)



注目ニュース