パタラ遺跡で「歴史と芸術の出会い」

アンタルヤ県カシュ区にあるパタラ遺跡の歴史的な議会議事堂で、「2020年度パタラの年」のプロモーション活動に寄与すべく、オンラインコンサートが開かれた。

1447847
パタラ遺跡で「歴史と芸術の出会い」

コンサートは、オペラ歌手のメフメト・イェニギュン氏の歌声とともに始まった。

地方アーティスト、エムレ・ダユオール氏が遊牧民文化を反映した衣装を着て歌ったトルコ民謡(テュルキュ)は、古代の都市に遊牧の風をいざなった。

このイベントは、ブルハン・テュゼル氏のトルコ・サナート音楽の歌とともに終了した。

アンタルヤ大都市のムヒッティン・ボジェク市長は、遺跡全体のプロモーションに向けて「歴史と芸術の出会い」というイベントをスタートしたと述べ、

「今年がパタラの年であることにより、エルドアン大統領、文化観光大臣、外務大臣、元知事を含め、尽力して下さった方々全員に感謝している」と語った。

コンサートは、アンタルヤ大都市のソーシャルメディアのアカウントや地方テレビ局の番組でライブ配信された。

 

(2020年7月2日)



注目ニュース