ミラス・ボドルム空港で国際便が開始、イスタンブール空港にイランから定期便到着

新型コロナウイルス(Covid-19)感染症関連の正常化プロセスでムーラ県にあるミラス・ボドルム空港に初の国際便の運航が行われた。

1444090
ミラス・ボドルム空港で国際便が開始、イスタンブール空港にイランから定期便到着

 

ドイツのハノーファー空港から乗客84人を乗せて飛び立ったサンエクスプレス航空の航空機が空港に着陸した。

航空機は滑走路で消防隊のウォーターサルートのショーと共に出迎えられた。

ミラスのエレン・アルスラン郡行政官は、空港では必要な措置が講じられ、国際便が6月26日から開始されたと語った。

また、トルコで滞在許可や労働許可を持っているイラン国民が定期便で6月26日にイスタンブールにやって来た。

首都テヘランから飛び立ったイラン・マラジ航空の定期便が午後にイスタンブール空港に到着した。

ボーディング・ブリッジからターミナルに移動した乗客たちはサーマルカメラによる健康診断を受けた。

 

(2020年6月26日)



注目ニュース