初のトルコ製熱気球が「5月19日」にアタチュルクと共に空へ

「5月19日 アタチュルク記念・青少年・スポーツの日」の朝。世界遺産のまち、カッパドキアの空を初のトルコ製熱気球が、トルコの国旗とトルコ建国の父アタチュルクの肖像と共に飛んだ。

1419981
初のトルコ製熱気球が「5月19日」にアタチュルクと共に空へ

 

 

 

新型コロナウイルス感染拡大防止のために民間航空総局が下した決定により、3月より熱気球ツアーが行われていないカッパドキアで、特別許可が出された初のトルコ製熱気球が、「5月19日 アタチュルク記念・青少年・スポーツの日」の記念飛行を行った。

 

日の出の頃、ネヴシェヒル県ギョレメ町のクルチラル渓谷に熱気球が運ばれ、スタッフたちが飛行準備をした。

 

 

 

 

球皮に「未来は空に」と書かれた熱気球は、トルコの国旗とトルコ建国の父アタチュルクの肖像と共に空高く飛んだ。

 

 

 

 

熱気球は約40分間、カッパドキアの上空を飛行した。

 

 

 

 

 

(2020年5月19日 火曜日)

 

 

 



注目ニュース