【スリル満点】 トルコで一番深い谷、ワッラー峡谷に3階建ての展望テラス

トルコ北部黒海地方カスタモヌ県にある「トルコで一番深い谷」ワッラー峡谷に、スリル満点の3階建ての展望テラスが登場した。

1365560
【スリル満点】 トルコで一番深い谷、ワッラー峡谷に3階建ての展望テラス

 

 

 

「トルコで一番深い谷」ワッラー峡谷に、スリル満点の3階建ての展望テラス「ムラトバシュ展望テラス」ができ、2月22日にオープンセレモニーが行われた。

 

 

 

 

「ムラトバシュ展望テラス」は、自然国立公園第10区画本部のプロジェクトにより、ワッラー峡谷がある、トルコ北部黒海地方カスタモヌ県プナルバシュ区ムラトバシュ村につくられた。

 

 

 

 

キュレ山脈国立公園のプナルバシュ区側の境界部分につくられた展望テラスは3階建てで、キュレ山脈が一望できるほか、ワッラー峡谷の入り口の部分を眺めることができる。

 

 

 

 

ワッラー峡谷は、プナルバシュ区ケルテ村にも展望テラスがあり、「ムラトバシュ展望テラス」はワッラー峡谷でふたつめの展望テラスとなる。

 

 

 

 

自然国立公園第10区画本部のハサン・バシュイイト本部長によると、ワッラー峡谷は全長12キロで、その深さはところどころ1.2キロに達すると言う。

 

 

 

 

バシュイイト本部長は「ムラトバシュ展望テラス」がつくられた過程について、「以前展望テラスがつくられたが十分ではなかった。3階建ての展望テラスはエリアを完全に一望することができるように設計された」と明かした。

 

バシュイイト本部長は、地域の認知度アップと観光客増加に向けて、新たな企画を続けていくと決意を口にした。

 

 

 

 

 

2020年2月25日 火曜日

文責: 浅野涼子

 

 

 

 



注目ニュース