トルコ、自国映画を見た人の割合で2019年もヨーロッパ1位

トルコは、映画館で自国の映画を見た人の割合で、2019年も首位の座を譲らなかった。

トルコ、自国映画を見た人の割合で2019年もヨーロッパ1位

 

 

 

トルコ共和国文化観光省から行われた発表によると、トルコは2019年、3360万人が映画館でトルコの映画を見た。

外国の映画を見た人の数は、2590万人だった。

トルコの映画を見た人の数が外国の映画を見た人の数を抜いた。

 

トルコ映画界は2019年、過去最高額となる9億8000万リラ(日本の通貨で約177億円)の興行収入を得た。

 

トルコ共和国文化観光省のデータによると、2019年にトルコの映画147本、外国の映画260本、合わせて407本の映画が公開された。

 

自国の映画を見た人の割合で8年間ヨーロッパ首位を突き進んできたトルコは、2019年も55パーセントという割合で首位の座を守った。

 

 

 

(2020年1月6日 月曜日)

 

 

 



注目ニュース