イスタンブールを訪れた外国人 10か月間で1269万人

この10か月間で1269万376人の外国人がイスタンブールを訪れた。

イスタンブールを訪れた外国人 10か月間で1269万人

 

 

 

イスタンブール県のアリ・イェルリカヤ知事が、ソーシャルメディアのツイッター(Twitter)で行った投稿で、2019年1月から10月までに10か月間にイスタンブールを訪れた人の数は、2018年の同じ時期(1月から10月までの10か月間)に比べ11.91パーセント増加したと発表し、これに貢献した全ての人に感謝の意を表した。

 

 

イェルリカヤ知事からの発表によると、2019年1月から10月までの10か月間に1269万376人の外国人がイスタンブールを訪れた。

10か月間にイスタンブールを最も多く訪れた国はドイツ(96万5115人)だった。イラク(59万5847人)、フランス(43万6429人)、イラン(77万4682人)、ロシア(58万6317人)、イギリス(42万1292人)、サウジアラビア(40万3025人)、中国(33万5749人)、アメリカ(39万6828人)、クウェート(29万7 808人)がそれに続いた。その他の国からイスタンブールを訪れた人の数は、747万7284人だった。

 

 

 

(2019年12月6日 金曜日)

 

 

 

 



注目ニュース