トプカプ宮殿で保護されていた宝物が公開:「スプーンのダイヤモンド」「トプカプの短剣」等

イスタンブールにあるトプカプ宮殿が大統領府国立宮殿管理局に移譲された後、倉庫で保護されていた大変高価な宝が披露され始めた。

mahmud taht.jpg
hancer.jpg

しばらくの間展示されず、先日トプカプ宮殿で再び公開され、「スプーンのダイヤモンド」も含めたいくつかの宝が、報道陣に披露された。

これらのうち最初の宝である「トプカプの短剣」は、長い間を経て9月18日から、トプカプ宮殿の武器コレクションが展示されている外部宝物館で歴史愛好家と芸術愛好家に披露されている。

第2の宝である「スルタン・マフムト2世の玉座」は、10月2日からバーダット・キョシュクで展示されている。

国内外の訪問者が最もよく尋ね、今か今かと待っていた「最も大きく、最も人気ある歴史的なダイヤモンド」として展示されていた86カラットの「スプーンのダイヤモンド」は、トプカプ宮殿の武器コレクションが展示されている外部宝物館で10月4日から展示されている。

すべての人の注目を集め、49個の大きなダイヤで囲まれた「スプーンのダイヤモンド」は、公開された日から今まで大きな関心を呼んでいる。

 

(2019年10月8日)



注目ニュース