イスラエルで5000年の歴史を持つ古代都市が発見

イスラエル北部で(歴史的なパレスチナの土地で)5000年の歴史を持つと推測される、計画的に建設された古代都市の遺跡が発見された。

イスラエルで5000年の歴史を持つ古代都市が発見

イスラエルの古代協会から出された書面の声明で、ハリシュ近郊で道路工事が行われていた際に発見されたこの古代都市が65ヘクタールの領域上に建設されたこと、およそ6000人を収容することができたと推測されることが述べられた。

初期青銅器時代のものであると信じられ、5000年の歴史を持つこの都市で、道や地区が計画的に建設され、中に神殿もあることが伝えられた。

城壁に囲まれていたとされるこの都市の住民は、農業や、他の地域と行われていた交易によって生計を立てていたと伝えられた。

この古代都市はこの地域の都市化について新たな情報をもたらしたと述べられた声明で、「この領域は、この地域における初期青銅器時代のニューヨークであり、何千人もが暮らしていた、国際色豊かで計画的に造られた都市だ」と述べられた。

一方、2年半続いている発掘の際に、人間や動物の珍しい彫像、陶器の破片、一部がエジプトから運ばれてきたと推測される様々な道具も含まれるおよそ400万点の出土品が発見されたことが伝えられた。

 

(2019年10月8日)



注目ニュース