ラマザンによりアンタルヤとムーラの海岸を外国人観光客が独占

アンタルヤ県とムーラ県では、ラマザン月(断食月)によって海岸は外国人観光客の独占となった。

ラマザンによりアンタルヤとムーラの海岸を外国人観光客が独占

 

アンタルヤ気象地域天気予報センターの当局者から得られた情報によると、都市では気温24度、海水温20度、湿度58パーセントが記録された。

ラマザン月によって国内観光客に人気がない海岸地域は、晴れの天気を利用しようとする外国人観光客であふれた。観光客たちは海や太陽を楽しんだ。

コンヤアルトゥの海岸では外国人観光客たちは日光浴をしたり、海岸を散歩して自転車に乗った。

ムーラ県の人気の観光地の1つであるマルマリス、ボドルム、フェトヒイェでも海岸で観光客たちは太陽や海水浴を楽しんだ。

外国人観光客たちが最も多い区であるマルマリスでは最高気温25度、海水温21度と記録された。

高い気温を活かそうとする人たちが海水浴をしたり、ビーチで日光浴をした。気温が高いため国内外の観光客はマルマリス自治体公衆ビーチ、ウズンヤルやイチメレルの海岸に押し寄せた。

海に入った観光客の中にはウォータスポーツを楽しむ者もいた。興奮を味わいたい者はパラシュートで飛んだりジェットスキーを行ったりしてて楽しい時間を過ごした。マルマリス湾ではモーターヨットやセーリングヨットの所有者たちも公海で海や太陽を楽しんだ。

 

(2019年5月12日)



注目ニュース