バレエ「ピリ・レイス」が、タイで上演へ

バレエ「ピリ・レイス」が、タイで上演される。

バレエ「ピリ・レイス」が、タイで上演へ

サムスン国立オペラ・バレエ団から行われた書面発表によると、2014年にメルシン国立オペラ・バレエ団で初演され、今シーズンはサムスン国立オペラ・バレエ団が上演するバレエ「ピリ・レイス」は、12月20日にタイの首都バンコクでタイ国立劇場で観客と出会う。

トルコ共和国文化観光省とタイ王国文化省が2018年9月に「相互文化年意図報告」に署名して始まった「2018年トルコ・タイ相互文化年」のイベントの閉幕式が、バレエ「ピリ・レイス」とともに行われる。

オスマン時代に育った重要な価値の1つである海の長、ムフイッディン・ピリ・ベイの生涯を視覚化したバレエ「ピリ・レイス」の音楽はジャン・アティッラ、振り付けと台本はアルマーン・ダヴランとヴォルカン・エルソイが作成した。

 

(2018年12月18日)


キーワード: バレエ , ピリ・レイス , タイ

注目ニュース