クルバン・バイラム(犠牲祭)の休暇にギリシャの島に大きな関心

クルバン・バイラム(犠牲祭)の休暇をギリシャの島々で過ごすことを望むトルコ人の観光客が、バルケシル県アイワルク郡にある海洋国境ゲートの前で長蛇の列を作っている。

797216
クルバン・バイラム(犠牲祭)の休暇にギリシャの島に大きな関心

観光客は、アイワルクから運航する3つの異なる会社のフェリーでミディリ島を訪れている。

島に運航する観光会社の関係者アフメト・ソイダン氏は、現在ミディリ島にいるトルコ人観光客の数はおよそ5000人だと述べ、

「今日もミディリ島におよそ1000人が移動している。この観光客数の多さはバイラム3日目まで続く。その後10月末までしばしば観光客が増えるだろう。バイラムは混雑するので追加の運航も行う可能性がある。」と語った。

 

(2017年8月26日)



注目ニュース