芸術と農業生産がひとつに結ばれた、コーカサス蜂の像

樹齢460年の松の木から蜂の像がつくられた。

芸術と農業生産がひとつに結ばれた、コーカサス蜂の像


芸術と農業生産がひとつに結ばれたこの作品は、自然の声を象徴している。


東アナトリア地方カルス県ススズ地区のドユムル村につくられたコーカサス蜂の像から蜂蜜がもたらされ始めた。


画家で彫刻家のユジェル・ウゼイル氏は、松の木でつくった作品に2群の蜂を入れた。


カルスの蜂蜜を宣伝するために制作された蜂の像を見た人たちの、像から受けるイメージは、蜂の像を豊かさと豊穣の象徴として見る人、蜂蜜の奇跡を力強く表現した並外れた作品だと見る人など、さまざまだ。
村の丘に設置された蜂の像は、制作に1年を費やした力作だ。


この像の中に入っている巣箱の中でオーガニックな蜂蜜が出来上がる。


コーカサス蜂の像でつくられた蜂蜜は、オークション販売される予定である。

 

(2015年8月25日火曜日 10時56分)


キーワード:

注目ニュース