【Video】 地下鉄線の工事中に考古学遺跡が出土

イスタンブールで新たな考古学遺跡が発見された。

トルコイスタンブール県ベシクタシュ区で行われているカバタシュ・マフムトベイ間地下鉄線工事の際に、出土品が発見された。掘削の上層部には1910年代の建物の残がいが発見され、下層部には3500年前のものと考えられる建物が発見された。掘削が進むにつれてさらに多くの考古学遺跡が発掘されると見られている。

 

(2017年8月21日)


キーワード: イスタンブール