オスマン帝国*宮廷の味 《その八》

 

 

 

数あるオスマン帝国の宮廷料理の中から選りすぐりの16品をお届けする「オスマン帝国*宮廷の味」。

 

第8回は、世界で最も高いスパイス「サフラン」が咲くまち、サフランボルからお届けします。

 

今日ご紹介する料理は「カブニ・ピラフ」です。

 

 

材料は以下の通りです。

 

 

羊肉

250グラム

バター

大さじ3杯

2カップ

2.5カップ

薄皮をむいたアーモンド

50グラム

薄皮をむいたピスタチオ

大さじ1杯

干しぶどう

大さじ2杯

サフラン

ひとつまみ

シナモン

 

 

秘伝のレシピは、シェフで文化研究家のユヌス・エムレ・アッコルさんにご説明いただきましょう。

 

 

さあ、お時間が参りました。

 

ビデオのスタートボタンをクリックし、舌鼓を打ちながら、オスマン帝国の宮廷料理の味をごゆるりとご堪能くださいませ。

 

 

 

(2020年2月25日 火曜日)

 

 

 

 


キーワード: