ABUアジア太平洋放送連合の2020年総会、トルコでの開催が決定

70を超す国や地域から270以上の団体が加盟しているアジア太平洋放送連合(ABU)の2020年の総会関連会議がトルコで開催されることになった。TRT(テーレーテー:トルコ・ラジオ・テレビ協会)のイブラヒム・エレン会長が発表した。

ABUアジア太平洋放送連合の2020年総会、トルコでの開催が決定

 

 

 

日本(にほん)の首都東京(とうきょう)で11月17日に開幕したアジア太平洋放送連合(ABU)の第56回総会関連会議が22日に閉幕した。

 

現在アジア太平洋放送連合(ABU)の副会長を務めているTRTのエレン会長が、5日間に渡り開催された総会関連会議についてコメントした。

 

 

 

日本の自然災害放送の経験をトルコに

 

エレン会長は、「アジア諸国、特に日本が極めている放送分野のひとつが、自然災害放送だ。TRT、トルコは、その経験を活用した。今後も活用するために、枠組み協定を結ぶことで意見が一致した。自然災害が発生した際にどのような放送が行われる必要があるのか、事前にどのような準備をすべきなのか、日本での経験をトルコに取り入れる」と述べた。

 

 

 

ABU総会関連会議でトルコのドラマに高い関心

 

日本の東京で開催されたアジア太平洋放送連合(ABU)の総会関連会議で、トルコのドラマに高い関心が集まり話題となった。

トルコのドラマの世界市場に占める位置について触れたエレン会長は、「アジア太平洋放送連合(ABU)の総会関連会議で、日本のトルコへの関心を本当に感じることができた。特にドラマについて言えることだが、トルコのTRTや民放局のドラマが世界に輸出され愛されていることが、我々への関心を高めている。このことに喜びを感じている」と述べた。

 

 

 

第57回総会関連会議はトルコで開催

 

エレン会長は、アジア太平洋放送連合(ABU)2020年の第57回総会関連会議はトルコで開催されることになったと発表した。

さらにエレン会長は、17人のメンバーで構成されている管理評議会(理事会)の会合の次回の開催地についても発表した。

エレン会長は、「アジア太平洋放送連合(ABU)の総会関連会議と一緒に管理評議会の会合も行った。そして、次回の管理評議会の会合も、TRTの主催で2020年6月に行うことになった」と述べた。

 

 

 

(2019年11月24日 日曜日)

 

 

 

 



注目ニュース