【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2021年3月8日

ヒュリエット紙 「エルドアン大統領:人道に対する罪として見ている」 スター紙 「チャウショール外相:ウズベキスタンで最初に大使館を開設した国は我々であった」 イェニ・シャファク紙 「バイデン政権はタリバンとアフガン当局間の交渉に対してトルコに支援を要請する」 ワタン紙 「ターキッシュエアラインズとイスタンブール空港が世界トップを保持」 サバフ紙 「月旅行への応募でトルコは第4位」

1597108
【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2021年3月8日

 

ヒュリエット紙 「エルドアン大統領:人道に対する罪として見ている」

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は3月8日国際女性デーにちなんでメッセージを公表した。エルドアン大統領は、「その愛情、尽力、献身によって人類の希望である全女性の3月8日国際女性デーを祝福する。人道に対する罪として見ている女性に対するあらゆる身体的及び精神的暴力と差別を繰り返し最も強い形で非難する」と述べた。

 

スター紙 「チャウショール外相:ウズベキスタンで最初に大使館を開設した国は我々であった」

メヴリュト・チャウショール外務大臣は在サマルカンド・トルコ総領事館の開設式を行った。同総領事館はトルコの祖国であるウズベキスタンとの永遠の兄弟関係の新たな象徴になると明かしたチャウショール大臣は、「ウズベキスタンを最初に承認した国はトルコ共和国であり、ウズベキスタンで最初に大使館を開設した国も我々であった」と述べた。

 

イェニ・シャファク紙 「バイデン政権はタリバンとアフガン当局間の交渉に対してトルコに支援を要請する」

アメリカのアントニー・ブリンケン国務長官はアフガニスタンのアシュラフ・ガニー大統領に送付した書簡で、アフガン政府とタリバン間の高官が出席する会合の主催をトルコに要請すると発言した。

 

ワタン紙 「ターキッシュエアラインズとイスタンブール空港が世界トップを保持」

欧州航空航法安全機構(ユーロコントロール、EUROCONTROL)の報告によると、2月1日から3月6日の空の交通でターキッシュエアラインズ(THY)が1日平均581便でライバルを抜く一方、イスタンブール空港も世界で最も混雑した空港となった。

 

サバフ紙 「月旅行への応募でトルコは第4位」

スペースXの宇宙船で月に8人を連れて行くことを発表した日本の億万長者前澤友作氏が239か国及び地域から50万以上の応募があったことを発表した。応募が最も多かった国にも言及した前澤氏の発言によると、第4位はトルコである。リストのトップはインドとなり、アメリカとイランがインドに続いている。



注目ニュース