【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2021年3月5日

サバフ紙 「ビトリスから悲報」 ハベルトゥルク紙 「エルドアン大統領から発表」 スター紙 「粉が国産装甲車に変化。トルコが数少ない国の1つに」 ヒュリエット紙 「ホリデーの選択は変わらず、規制が解除、トルコへの需要増」 ワタン紙 「アナドル・エフェスに敵なし」

1595624
【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2021年3月5日

 

サバフ紙 「ビトリスから悲報」

国防省は昨日(3月4日)ビンギョル県からタトヴァンに向かうために飛び立った陸軍所属のクーガー型ヘリコプターが事故に遭ったと発表した。ヘリコプターに乗っていた兵士11人が殉職し、兵士2人が負傷した。レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は事件に関してフルシ・アカル国防大臣から説明を受けた。エルドアン大統領は殉職者達のご冥福を祈り、遺族とトルコ軍に哀悼の意を表し、負傷した兵士達の回復を願った。

 

ハベルトゥルク紙 「エルドアン大統領から発表」

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は昨日(3月4日)第14回経済協力機構首脳会議で演説し、世界的な大惨事になった新型コロナウイルス感染症対策により力強い連帯が得られる可能性があると明かした。エルドアン大統領はまた、イランに対して科されている一方的な制裁が解除されることは地域の繁栄に貢献することになると述べた。

 

スター紙 「粉が国産装甲車に変化。トルコが数少ない国の1つに」

トルコの防衛産業企業ヌロル・テクノロジが粉を国産装甲車に変えている。開発されたプロセスによって生産された炭化ホウ素セラミックスのおかげでトルコはこの分野で世界で数少ない国の1つになった。装甲車の解体でも利用されているテクニカルセラミックスは、複合ファブリックと共に使用されてより高い保護レベルを備えた軽量の装甲構造を得ることが可能である。

 

ヒュリエット紙 「ホリデーの選択は変わらず、規制が解除、トルコへの需要増」

ロシア・ツアーオペレーター協会はトルコで新型コロナウイルス規制が解除されたことに伴ってロシア国民が休暇のために再びトルコを選択していると明かした。先日イギリス人も今年(2021年)の休暇先として最も選択した国の1つがトルコであると発表されている。

 

ワタン紙 「アナドル・エフェスに敵なし」

バスケットボール・ターキッシュエアラインズ(THY)ヨーロッパリーグの第27週にアナドル・エフェスはホームでスペインチーム「バレンシア・バスケット」を99対83で破った。この結果によりアナドル・エフェスはこの催しで16勝目を挙げた。バレンシア・バスケットは13敗目を喫した。



注目ニュース