【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2021年1月20日

サバフ紙 「エルドアン大統領から経済及び法律の改革に関する発言」 ハベルトゥルク紙 「アカル国防相のアルビール訪問でシンジャールとマフムールが協議」 スター紙 「ペキジャン商業相:128か国で1万525のプロジェクトに着手」 ヒュリエット紙 「国産フリゲート艦『イスタンブール』号は1月23日に進水」 イェニ・シャファク紙 「イスタンブール空港が欧州最多の乗客が利用した空港に」

1567385
【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2021年1月20日

 

サバフ紙 「エルドアン大統領から経済及び法律の改革に関する発言」

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は昨日(1月19日)発言し、経済及び法律の改革の取り組みが完成間近であると吉報を伝え、「世論に公開する段階に来た」と述べた。

 

ハベルトゥルク紙 「アカル国防相のアルビール訪問でシンジャールとマフムールが協議」

フルシ・アカル国防大臣は昨日(1月19日)アルビールでイラク・クルド地域政府のマスルール・バルザーニ首相やクルディスタン民主党のマスウード・バルザーニ党首と個別に会談した。会談では、分離主義テロ組織PKKの地域における動きや最近の同組織のマフムールやシンジャールにおける動きが議題に上がった。

 

スター紙 「ペキジャン商業相:128か国で1万525のプロジェクトに着手」

ルフサル・ペキジャン商業大臣は昨日(1月19日)発言し、トルコの建設業界は世界128か国で4187億ドル(日本円で約43兆円)相当の1万525のプロジェクトに着手していると明かした。

 

ヒュリエット紙 「国産フリゲート艦『イスタンブール』号は1月23日に進水」

国産フリゲート艦「イスタンブール」号は1月23日に進水する。大統領府防衛産業庁から海軍に提供される「I」型フリゲート艦の最初のものとなるイスタンブール号は高度な防空及び水上戦、海底防衛戦、前哨基地活動を履行する。

 

イェニ・シャファク紙 「イスタンブール空港が欧州最多の乗客が利用した空港に」

イスタンブール空港は乗客数のランキングで欧州の重要な空港を抜いてトップに立った。イスタンブール空港は乗客数2340万人で昨年(2020年)欧州で最も多く乗客が利用した空港になった。



注目ニュース