【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2019年6月12日

スター紙 「ロシアから重大発言:トルコへのS-400売却に逸脱はない」 サバフ紙 「ドイツからトルコに大称賛」 ワタン紙 「イスタンブールで生産して世界に販売」 ハベルトゥルク紙 「ロシア人観光客のサマーシーズンの選択はまたしてもトルコ」 ヒュリエット紙 「数千人が来県!巨大船舶が寄港」

【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2019年6月12日

 

スター紙 「ロシアから重大発言:トルコへのS-400売却に逸脱はない」

ロシアのセルゲイ・リャブコフ外務副大臣は、アメリカが取った措置に対してトルコ政府とロシア政府の間で交わされた合意に沿ってあらゆる責務を適宜に、かつ何らかの逸脱もなく果たすと発言した。

 

サバフ紙 「ドイツからトルコに大称賛」

ドイツのトマス・バライス経済エネルギー副大臣は、エネルギー、運輸、観光面におけるトルコとの協力の可能性は「非常に大きい」と明かした。

 

ワタン紙 「イスタンブールで生産して世界に販売」

イスタンブール県の輸出業者たちは、1-5月にテキスタイルから既製服、自動車から果物・野菜、貴金属から防衛にいたる27部門で生産した298億ドル(日本円で約3兆2276億円)分の製品を世界の227拠点に届けた。

 

ハベルトゥルク紙 「ロシア人観光客のサマーシーズンの選択はまたしてもトルコ」

ロシア人観光客は、またしても休暇先にトルコを選んでいる。今年(2019年)最初の5か月間にトルコを訪れたロシア人観光客の数は、エストニアの人口130万人とほぼ同数となった。当局は、今年ロシア人観光客600万人以上がトルコを訪れると見込んでいる。

 

ヒュリエット紙 「数千人が来県!巨大船舶が寄港」

アイドゥン県クシャダス区に停泊したクルーザー4隻から観光客4800人と乗組員2370人が都市に足を踏み入れた。下船した大部分がアメリカ人であった乗客の一部はバスでエフェスと聖母マリアの家のツアーに出発した。ツアープログラムに参加しなかった乗客の大部分は区中心部に向かった。



注目ニュース