【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2019年5月31日

ヒュリエット紙 「マレーシアとパキスタンはそれぞれトルコにとって極めて重要なパートナー」 ハベルトゥルク紙 「トルコが57か国にトマトを輸出」 サバフ紙 「中国の航空会社からイスタンブール空港に大きな関心」 スター紙 「トルコ初。世界にたった30頭」 ワタン紙 「ジャン・オンジュ選手がイタリアでサーキットに」

【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2019年5月31日

 

ヒュリエット紙 「マレーシアとパキスタンはそれぞれトルコにとって極めて重要なパートナー」

メヴリュト・チャウショール外務大臣は、サウジアラビアのジッダで昨日(5月30日)開催されたトルコ・マレーシア・パキスタン三か国外相会合に出席した。チャウショール大臣は、マレーシアとパキスタンはそれぞれトルコにとって極めて重要なパートナーであると明かし、「イスラム世界の民主大国および経済大国として協力をさらに拡大し、現状の可能性をより良い形で利用していく」と述べた。

 

ハベルトゥルク紙 「トルコが57か国にトマトを輸出」

トルコから今年(2019年)最初の5か月間に57か国に1億6300万ドル(日本円で約178億円)分のトマトが輸出された。輸出でトップに立ったのは、6200万ドル(日本円で約68億円)でロシアであった。

 

サバフ紙 「中国の航空会社からイスタンブール空港に大きな関心」

中国南方航空が、中国の武漢(ウーハン)市からイスタンブールへ定期便の運行を開始した。外国の航空会社が数多く運航を開始したイスタンブール空港に武漢市から初の定期便が運行された。こうして、広州(グアンジョウ)市に拠点を置く同社は、武漢市からイスタンブールに週3日のフライトを開始したことになった。

 

スター紙 「トルコ初。世界にたった30頭」

世界でたった30頭しかいないホワイトライオンのうちオス2頭とメス2頭が、昨日(5月30日)イスタンブール県のトゥズラにあるライオン・パークに到着した。チェキア(チェコ共和国)からトルコに連れて来られたホワイトライオン4頭は、来園者に披露され始めた。年齢2歳半から3歳のライオンたちは、体重が130キロから150キロにのぼる。

 

ワタン紙 「ジャン・オンジュ選手がイタリアでサーキットに」

トルコを代表するバイクレーサー、ジャン・オンジュ選手が、MOTO3世界選手権の第6戦でイタリアのサーキットに立つ。レースは6月2日トルコ時間の12時に開始され、全長5.2キロメートルのムジェロ・サーキットで行われる。



注目ニュース