【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2019年5月15日

サバフ紙 「チャウショール外相からシリアに関する発言」 ワタン紙 「トルコストリーム初のガス輸送が12月31日に」 ヒュリエット紙 「大幅な増加が見込み」 イェニ・シャファク紙 「トルコが水力発電で世界順位を上げる」 ハベルトゥルク紙 「ジェニファー・ロペスがアンタルヤでコンサート開催へ」

【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2019年5月15日

 

サバフ紙 「チャウショール外相からシリアに関する発言」

メヴリュト・チャウショール外務大臣は、シリア政権の攻撃はソチ合意に違反していると明かした。チャウショール大臣は昨日(5月14日)ツイッター(Twitter)のアカウントから行った発言で、シリア交渉代表団のナスル・アル・ハリーリー代表と一緒に撮った写真を使い、「政権の攻撃はソチ合意に明白に違反しており、アスタナの精神に反するものである。憲法委員会に関しては合意間近である」と述べた。

 

ワタン紙 「トルコストリーム初のガス輸送が12月31日に」

ロシアのエネルギー企業ガスプロム理事会のヴィタリー・マルケロフ副理事長は、トルコストリーム天然ガスパイプライン・プロジェクトにおける初の天然ガスの輸送を12月31日に予定していると発表した。ロシアの天然ガスをトルコと欧州へ輸送するトルコストリーム天然ガスパイプラインは、それぞれのラインが年間157.5億立方メートルの容量を持つ2つのラインから成る。

 

ヒュリエット紙 「大幅な増加が見込み」

トルコ旅行代理店協会のフィルズ・バールカヤ会長は、ムーラ県ボドルム区は世界で知られる観光拠点の1つであると明かし、外国人訪問者の増加が見込まれると明かした。バールカヤ会長は、2019年の最初の3か月間に過去数年間と比べて大幅な増加を達成したとも語った。

 

イェニ・シャファク紙 「トルコが水力発電で世界順位を上げる」

トルコは、昨年(2018年)1085メガワット分の新たな水力発電の設備容量によって世界順位で第4位に上昇した。昨年48か国が合計2万1800メガワット分の新たな水力発電容量を設立した。

 

ハベルトゥルク紙 「ジェニファー・ロペスがアンタルヤでコンサート開催へ」

ラテン音楽の世界的に有名なスター、ジェニファー・ロペスが、8月6日にアンタルヤ県セリク区でコンサートを行う。ジェニファー・ロペスはコンサートで今年(2019年)のニューシングル「メディスン」や、「オン・ザ・フロア」、「エイント・イット・ファニー」、「ラブ・ドント・コスト・ア・シング」も含むヒット曲すべてを歌う予定である。



注目ニュース