【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2017年8月24日

ハベルトゥルク紙 「アメリカに『フェト』とテロ組織PYDの警告」 ワタン紙 「トルコとベトナムは発展するダイナミックな2か国」 スター紙 「核医学で国産の時代」 イェニ・シャファク紙 「トルコの宇宙飛行士センター」 ヒュリエット紙 「チャンピオンに婚約指輪」

【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2017年8月24日

 

ハベルトゥルク紙 「アメリカに『フェト』とテロ組織PYDの警告」

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は、大統領府総合施設で会談したアメリカのジェームズ・マティス国防長官に次のようなメッセージを伝えた。アメリカがシリアで分離主義テロ組織PKKの派生組織PYDと協力していることに対してトルコは不快感を感じているが、さらに2016年7月15日の謀反の主犯である『フェト』こと、フェトフッラー派テロ組織・パラレル国家構造(FETÖ/PDY)の首謀者の身柄を引き渡さないことは、トルコのアメリカに対する反感を高めている。イラク・クルド自治政府が行う住民投票やシリアでテロ組織PYDが管理する地方選挙は認められないということも伝えられた。またエルドアン大統領は、シリアでDEASH(ISIL)から一掃された土地は地元住民に託される必要があると語った。

 

ワタン紙 「トルコとベトナムは発展するダイナミックな2か国」

ベトナムを訪問した初のトルコ首相となったビナリ・ユルドゥルム首相は、ベトナムのグエン・スアン・フック首相と共同記者会見を開いた。ユルドゥルム首相は、訪問がベトナム・トルコ関係の新時代の幕開けとなると語った。ユルドゥルム首相は、「ベトナムは、極東のこの地域において近年非常に重要な発展を遂げている。トルコもベトナムのように発展するダイナミックな国である。したがって、両国には類似性がある。人口はほぼ同じであり、成長率も高い」と述べた。

 

スター紙 「核医学で国産の時代」

ベラト・アルバイラク・エネルギー天然資源大臣は、トルコで核はエネルギー分野だけでなく、医学、テレコミュニケーション、衛星、通信といったさまざまな分野で使用されると明かした。アルバイラク大臣は、首都アンカラで施設の開所式で演説し、エネルギーと医学の分野で協力が始まっており、これは重要な進展であると語った。

 

イェニ・シャファク紙 「トルコの宇宙飛行士センター」

世界上位5位の宇宙航空センターの1つとなるギョクメン宇宙航空訓練センターの起工式がブルサ県で行われた。フィクリ・ウシュク副首相も出席した式典と共に建設が始まったセンターは、トルコ人宇宙飛行士の養成に向けた最初のセンターの1つとなる。広さ1万3000平方メートルのセンターでは、無重力エリア、垂直風洞、154個の対話型トレーニングシステムなども設けられる。センターの宇宙フロアには銀河系に関する情報がある。プロジェクトは、宇宙を対象としたトルコ初の訓練センターという特徴を持つことになる。

 

ヒュリエット紙 「チャンピオンに婚約指輪」

レスリング世界選手権の女子75キロ級に出場したトルコ代表選手ヤセミン・アダル選手が世界チャンピオンになった。アダル選手は、フランスの首都パリで開催中の同選手権で、ベラルーシのワシリーサ・マルザリウク選手を5対4で破り、トルコ人女子初の世界チャンピオンとなった。授賞式でアダル選手に金メダルが授与されたあと、花束と指輪を持って現れた元レスリング選手のエルデム・イート氏がアダル選手にプロポーズした。プロポーズを受け入れたと見られるアダル選手は、指輪を指にはめてイート氏に抱きついた。レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は、世界チャンピオンとなったアダル選手を祝電で祝福した。



注目ニュース