【トルコ主要各誌の目玉ニュース】 2016年8月11日

サバフ紙 「ボールよ、来い」 イェニ・シャファク紙 「信心深い狂信者のトルコ人」 ワタン紙 「欧米は現行犯で捕らえられた」 スター紙 「陰険なPKKが再び活動を、殉職者11人」 ヒュリエット紙 「デデアーチ逃亡者に対する要求文書が送付される」

【トルコ主要各誌の目玉ニュース】 2016年8月11日

 

サバフ紙 「ボールよ、来い」

「フェト」こと、フェトフッラー派テロ組織・パラレル国家構造(FETÖ/PDY)が7月15日に起こしたクーデター企て未遂事件後に始まった民主主義の夜警は、27日後に終わりを迎えた。

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領が、大統領府総合施設で市民と対面することが発表されると、何千人ものアンカラ市民が大統領府総合施設に押し寄せた。エルドアン大統領は、最後の民主主義の夜警で、大統領府総合施設の来賓入り口に設置された演壇から市民に呼びかけた。ベシュテペでの巨大集会を一時終了すると明かしたエルドアン大統領は、テロ組織を威嚇した。「裏切りの夜警を『フェト』が止め、クルド労働者党(PKK)が引き継ぐが、これも止める。DEASH(ISIL)が引き継ぐ。彼らは裏切りの夜警で一緒にいなくなるであろう。PKK、『フェト』、DEASH、クルド民主統一党(PYD)のボールが一緒に来ても、神のご加護により、この国民を超えることはできない。」と述べた。

 

イェニ・シャファク紙 「信心深い狂信者のトルコ人」

7月15日晩に、恐れることなく戦車を止めた国民を称賛していると強調したエルドアン大統領は、殉職者と負傷者の感動的な言葉で7月15日を偲んだ。戦車に対し、体を盾にした英雄たちを「信心深い狂信者のトルコ人」と定義付けたエルドアン大統領は、「この国民は、額に接吻されるべきである。この国民は定義できない。ほら、『狂信者のトルコ人』と言うではないか。しかしこの国民は、『信心深い狂信者のトルコ人』である。このように行動したのだ。何をしたか、何のためにしたか、非常によく知っているのだ。」と述べた。

 

ワタン紙 「欧米は現行犯で捕らえられた」

トルコ輸出業者議会のメンバーとチャンカヤ邸で会談したビナリ・ユルドゥルム首相は、「フェト」こと、フェトフッラー派テロ組織・パラレル国家構造(FETÖ/PDY)が起こしたクーデター企て未遂事件後、一部友好国が驚いていることを明かし、そのような国がすぐに判明したと強調し、「国民皆が一緒に立ち上がり、大きな災難を排除し、大きな後見人の巣窟を潰した。国民に分離の種を撒く組織を倒した。」と述べた。

 

スター紙 「陰険なPKKが再び活動を、殉職者11人」

「フェト」こと、フェトフッラー派テロ組織・パラレル国家構造(FETÖ/PDY)のクーデター企て未遂事件後、攻撃を活発化させたクルド労働者党(PKK)のテロリストは、シュルナク県のウルデレで、道路に設置した爆弾を爆発させた。兵士4人が殉職した。ディヤルバクル県で市民5人を虐殺した裏切り者たちは、トゥンジェリ県で技師1人、マルディン県でも警察官1人を殉職させた。

 

ヒュリエット紙 「デデアーチ逃亡者に対する要求文書が送付される」

7月15日に発生したクーデター企て未遂事件後、翌日ヘリコプターでギリシャのデデアーチに逃亡した兵士8人に対する身柄引き渡しプロセスが開始された。イスタンブール最高検察庁は、サマンドラからトルコ国軍所属のシコルスキー製のヘリコプターでギリシャに逃亡した兵士8人のトルコへの身柄引き渡しに向けて準備した要求文書が、ギリシャ当局へ渡されるよう、法務省国際法・外交関係総局に送付した。メヴリュト・チャウショール外務大臣は、ブルガリアにいた「フェト」こと、フェトフッラー派テロ組織・パラレル国家構造(FETÖ/PDY)メンバーの身柄引き渡しに関して行った発表で、「アブドゥッラー・ビュユクという『フェト』メンバーのブルガリアへの政治亡命申請は、ブルガリア当局によって却下された。ブルガリア当局は身柄引き渡しの決定を下し、現在トルコヘ移送中である。」と述べた。



注目ニュース