【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2016年5月17日

ハベル・トゥルク紙 「トルコでコンサートがしたい」イェニ・シャファク紙 「対DEASH軍が米のPYD固執で行き詰まり」ワタン紙 「結び目をTHYがほどいた」スター紙 「イランと観光分野で共同広報活動計画」サバフ紙 「ガザ国際映画祭で66作品上映」

【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2016年5月17日

 

ハベル・トゥルク紙 「トルコでコンサートがしたい」

強制移住させられたクリミア・タタール人について語った「1944」という歌でユーロビジョン・ソング・コンテストで優勝したタタール系ウクライナ人のジャマラが、ハベル・トゥルク紙にレジェプ・ターイプ・エルドアン大統領が電話で優勝を祝福し、トルコに招待してくれたと話した。
機会ができ次第エルドアン大統領を訪問することを明らかにしたジャマラは「トルコでコンサートがしたい。トルコにいるタタール人たちに歌を歌いたい。彼らの物語を聴けたら嬉しい。」と語った。

 

イェニ・シャファク紙 「対DEASH軍が米のPYD固執で行き詰まり」

シリアにいるテロ組織DEASH(ISIL)と戦うべく結成することが計画されている巨大軍隊は、アメリカがテロ組織クルド労働者党(PKK)のシリア分派クルド民主統一党(PYD)に固執したことで行き詰まった。20以上のグループが支援する軍隊にテロ組織PYDも加わるようアメリカが要求したことで、会談は行き詰まった。アレッポ北部でDEASHと戦うべく、3万人の「北部軍」が結成された。アサド軍を離脱した反体制派の准将の指揮の下結成された軍隊には、20以上の武装グループが支援を行なっている。

 


ワタン紙 「結び目をTHYがほどいた」

メリカ合衆国の要とされているアトランタも、ターキッシュエアラインズ(THY)のフライトネットワークの仲間入りをした。THYは、世界で一番乗客が行き来する忙しい空港として認められているハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港に、イスタンブール・アタチュルク国際空港からの直行便の運航を5月16日に開始した。世界で最も多くの国に運航を行っているグローバルな航空会社THYは、ハブ空港であるイスタンブールから、100か国以上約300都市へ飛んでいる。

 


スター紙 「イランと観光分野で共同広報活動計画」

経済制裁から解放されたイランの経済協力が増している。マヒル・ウナル文化観光大臣は、投資家たちと共に行ったイラン訪問の結果を評価した。イランの観光インフラ構築と相互協力の重要性について触れたウナル文化観光大臣は、イランと共同で広報活動を行っていくと述べた。以前ギリシャとこの手のプロジェクトを実施したと説明したウナル文化観光大臣は、トルコのマルディン、ワン、シャンルウルファの3県、及びイランの首都テヘランで共同広報活動を行うことを明らかにし、「観光客がさらにさまざまな場所に行けるようになる。」と発言した。

 


サバフ紙 「ガザ国際映画祭で66作品上映」

世界はフランス南部で開催のカンヌ国際映画祭の話題をしているが、封鎖下で暮らしているイスラエルのガザ地区でも映画祭が行われた。木曜日に始まった第2回ガザ人権映画祭は5日間の上映を終え、閉幕した。長編映画12作品、ドキュメンタリー映画17作品、短編映画30作品、アニメ7作品が上映された映画祭のモットーは「息を吸いたい」だった。
 

 

 



注目ニュース