【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2015年7月20日

「国連に災害緊急事態管理庁モデル」「トルコのアミーゴたち」「アメリカにトルコ人のディアスポラ」 「ヨーロッパ最高層ビルの名を獲得」 「アンタルヤ 離着陸機数と登場乗客数で最高記録樹立」「再び橋の上で対決」

【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2015年7月20日

 

イェニ・シャファク紙 「国連に災害緊急事態管理庁モデル」
首相府災害緊急事態管理庁(AFAD)のやり方に国連が関心を示した。フアト・オクタイAFAD長官は、「国連は、当庁のシステムがダイナミックで、国連のシステムよりも良いと言い、AFADのシステムを国連内に設置するための支援を希望してきた」と述べた。


ヒュリエット紙 「トルコのアミーゴたち」
トルコは自動車業界における「西の中国」メキシコに進出している。2020年の生産台数が500万台を超えることが予想されるメキシコにトルコの自動車用品企業も事実上進出している。今年17回目となる、メキシコ最大級の自動車関連国際見本市「PAACE Automechanika Mexico City」にトルコから13企業が出展した。34か国から2万人以上のプロたちが来場する見本市に、トルコ企業はオリジナルデザインのブースで「Made in Turkey」感覚をメキシコに植え付けようとした。


サバフ紙 「アメリカにトルコ人のディアスポラ」
昨年51億ドル(6339億3000万円)の販売及び投資を行ったトルコ人たちが、アメリカにフォーカスした。トルコ企業コチ、ウルケル、エジザージュバシュに続き、イズミルにあるコルサニ・サフ社もアメリカに工場を設置する。トルコ最古のオフセット印刷老舗企業コルサニ・サフ社のアメリカ初の工場は、テネシー州のメンフィスに建設予定である。


スター紙 「ヨーロッパ最高層ビルの名を獲得」
4人の共同出資により1991年に設立されたアヌト・ヤプ社は、モスクワに「OXO」の名を冠した建設プロジェクトにより、ヨーロッパ最高層のビルを建てた会社となった。イスタンブールのシシリ・ボモンティ地区にある最高層ツインタワー、アントヒル・レジデンスででも記録を作ったこの会社は、世界中で20秒に200万ドル(2億4862万円)分の仕事をしている。

 

ワタン紙 「アンタルヤ 離着陸機数と登場乗客数で最高記録樹立」
アンタルヤ空港では7月18日土曜日に1012機が離着陸を行い、16万9000人が搭乗し史上最高記録を更新した。トルコ航空管理局アンタルヤ支部のオスマン・セルダル支部長は、この記録をツイッターに公表し1万4000人の空港職員を祝福した。


ハベル・トゥルク紙 「再び橋の上で対決」
TEB BNPパリバ イスタンブール・カップに10年ぶりに出場するビーナス・ウィリアムズが今日(7月20日)、ボスポラス大橋でイペキ・シェノールと公開試合を行う。


キーワード:

注目ニュース