北キプロス・トルコ共和国のサネル首相、「キプロス島トルコ人の正当な訴えを世界に語る」

北キプロス・トルコ共和国のエルサン・サネル首相が、キプロス島ギリシャ側と、連邦ではなく二国家解決を話し合う意図があると強調した。

1663544
北キプロス・トルコ共和国のサネル首相、「キプロス島トルコ人の正当な訴えを世界に語る」

サネル首相は、トルコの首都アンカラでフアト・オクタイ副大統領と会談した後に発言した。

北キプロス・トルコ共和国とトルコが締結した経済財政協力議定書に従い、取り組みが敢然と進んでいると述べたサネル首相は、

「母国トルコ共和国とともに常に行動すれば、トルコ民族の利益が獲得され守られるということは事実である」と語った。

サネル首相は、キプロス島ギリシャ側は53年間も連邦形成以外の事柄について取り上げたことがないと述べ、

「我々にはもう53年間辛抱する力がないことを申し上げる。母国トルコの強力な支援を受けて実施された北キプロス・トルコ共和国における最新の大統領選挙における意志は、二国家の主権と平等な国家の地位を引き続き会談するためのものであった」と語った。

サネル首相は、キプロス島トルコ人の正当な訴えは母国トルコ共和国を介して全世界に向け最も声高に語られるだろうと述べた。

一方、サネル首相は、トルコから北キプロス共和国に届けられた新型コロナワクチンについても感謝の意を表明し、人々の大部分がワクチンを接種することで7月と8月に観光への期待が高まると述べた。

 

(2021年6月23日)



注目ニュース