ペンダロフスキ・北マケドニア共和国大統領、トルコと北マケドニア共和国のEU加盟に関して発言

北マケドニア共和国のステボ・ペンダロフスキ大統領は北マケドニア共和国とトルコは「統一欧州」と呼ばれる欧州連合(EU)の一部であると発言した。

1662335
ペンダロフスキ・北マケドニア共和国大統領、トルコと北マケドニア共和国のEU加盟に関して発言

 

ペンダロフスキ大統領は、アンタルヤ県のベレキ観光センターで6月18-20日に開催されたアンタルヤ外交フォーラムにちなんで見解を述べた。

ペンダロフスキ大統領は、同国は2005年にEU加盟候補国のステータスを得て以来いまだにEU加盟交渉の開始を待っており、同様に同じ年に開始されたトルコの完全加盟交渉にも進展がないと指摘し、

「残念ながら、どちらの国の欧州ストーリーも成功していない。誰かの責任ではなく自分達に責任があることを模索したいが、赤裸々な真実を述べずにはいられない。この責任は欧州のパートナー、そしてEUにある」と述べた。

トルコ・北マケドニア共和国関係に言及したペンダロフスキ大統領は、同国の樹立以来両国の政治家どちらも「素晴らしい完璧な関係がある」と繰り返し述べていると語った。

ペンダロフスキ大統領はトルコ・北マケドニア共和国間の経済協力に関しては、

「過去10-12年に経済協力が加速したと申すことができる。現在トルコは我が国最大の投資国トップ10に入っている。最新の統計ではトルコは北マケドニア共和国最大の投資国トップ10のうち第6位にランクインしており、両国間の貿易額はトップ10リスト中第5位及び第7位にランクインしている。これもトルコが我が国にとって最も重要な投資国の1つであることを示している」と述べた。

 

(2021年6月21日)



注目ニュース