オスマニ・コソボ大統領、対トルコ関係に関して見解

コソボのヴィヨサ・オスマニ・サドリウ大統領はトルコが強力な支援を続けてくれるようコンタクトを取り続けると発言した。

1662332
オスマニ・コソボ大統領、対トルコ関係に関して見解

 

オスマニ大統領はアンタルヤ外交フォーラムにちなんでアナドル通信社に見解を述べ、トルコ・コソボ関係には強化が可能な新たな事柄があると指摘してこのうち貿易及び文化協力を挙げた。

コソボにはトルコの実業家が投資できる分野が多数あると強調したオスマニ大統領は、コソボの承認にはトルコの支援が必要であると指摘した。

オスマニ大統領は次のように続けた。

「国際機関への加盟に関してもトルコの支援が必要である。これに関しては国際分野ですべきことを行い、トルコが強力な支援を続けてくれるよう、票だけでなくディアスポラの支援も得られるようコンタクトを取り続ける。なぜなら、これは我々の繁栄と発展のためだけではなく、地域の平和と安定にとっても重要だからである」

「コソボの独立は不可逆的なプロセスであり、我々がこれをあきらめることは断じてない」と述べたオスマニ大統領は、コソボを承認する国の数が100を上回り、地理的にコソボから遠い諸国と会談して独立がコソボの権利であることを説明していると述べた。

オスマニ大統領は、

「政治的に国際司法裁判所はコソボの独立は国際法に準拠しているとも述べた。従って、コソボの独立承認の観点からは何の問題もない」と見解を述べた。

 

(2021年6月21日)



注目ニュース