国家情報機関(MİT)がDEASHのいわゆる担当者をトルコに連行

国家情報機関(MİT)が、テロ組織DEASH(ISIL)のいわゆる「トルコ州担当者」のカシム・ギュレルを、シリアで実行した作戦で拘束し、トルコに連行した。

1658435
国家情報機関(MİT)がDEASHのいわゆる担当者をトルコに連行

治安部隊筋からの情報によると、国家情報機関は、テロ捜索対象者リストのレッドカテゴリーに指定されていたDEASHのいわゆる「トルコ州担当者」アブー・ウサメ・アル・トゥルキというコードネームのカシム・ギュレルが違法なルートでトルコに入国し大規模な活動計画を立てているという通報を受けて活動を開始した。

捜索対象となったギュレルは、シリアで実行された作戦で拘束され、尋問のためにトルコに連行された。

ギュレルが武器と爆発物を所持して違法なルートでトルコに入国する準備を整えていたことが明らかにされた。

レッドカテゴリーに指定されて拘束された初のDEASHメンバーであることが伝えられたギュレルとともに、DEASHに関する大量の文書や秘密情報も押収された。

ギュレルが2008~2010年にアフガニスタン・パキスタンに移動し衝突地域で活動していたこと、2014年にDEASHに加わったことが判明した。

DEASH内で上級任務を負っていたと述べられたギュレルが、DEASHのいわゆるロシア、欧州、トルコにおける財務担当であったことも明らかにされた。

 

(2021年6月15日)



注目ニュース