シェントプ・トルコ大国民議会議長、パレスチナ・カシミール・アフガニスタン・パキスタンに関して見解

トルコ大国民議会のムスタファ・シェントプ議長は国際的にパレスチナ国家の制度化と認知を高める取り組みが進められる必要があると強調し、

1650636
シェントプ・トルコ大国民議会議長、パレスチナ・カシミール・アフガニスタン・パキスタンに関して見解

 

「また、イスラエルの攻撃的で、占領者的で、国家テロを適用する政策も止める必要がある」と述べた。

シェントプ議長はパキスタン訪問の枠組みでアナドル通信社に発言した。

シェントプ議長はパレスチナ問題の発端は1949年、さらには20世紀初頭にまでさかのぼる事柄であることを振り返り、

「これに関してより恒久的な、パレスチナ国家の制度化と認知を高める措置が進められる必要がある。また、イスラエルの攻撃的で、占領者的で、国家テロを適用する政策も止める必要がある」と述べた。

シェントプ議長は、イスラム諸国をはじめとして権利、正義、国際法を支持する全諸国はこれに関して断固とした姿勢を取る必要があると強調し、「我々はトルコとしてこのことを確立するために努力している」と述べた。

インドがカシミール地方で行っている慣行に関してシェントプ議長は、

「既成事実や一方的に下された決定によって人口構造を変化させ、人権を侵害することによってカシミールでムスリムに行われている扱いや迫害をトルコは認めていない。これに関する批判も非常にはっきりと明示した」と述べた。

シェントプ議長はアフガニスタンにおける状況にも言及し、

「現在も現地で緊急の事柄はテロ活動の停止である」と述べた。

シェントプ議長は、トルコとパキスタン間で自由貿易協定が締結される必要があり、両国間には2023年までに50億ドル(日本円で約5479億円)を上回る貿易額の目標があると述べ、

「我々はその目標には程遠い。しかし、取り組んで努力すればそれは可能である」と述べた。

 

(2021年6月2日)



注目ニュース