エルドアン大統領、トルコ国家情報機構のPKK作戦に関して発言

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領はトルコ国家情報機構(MİT)の作戦により分離主義テロ組織PKKのいわゆるシリア全域担当者であるコードネーム、ソフィ・ヌレッティンというテロリストがイラク北部で無力状態にされたことを発表した。

1641114
エルドアン大統領、トルコ国家情報機構のPKK作戦に関して発言

 

エルドアン大統領は閣議後に発言し、

「数多くの血なまぐさいテロ行為の加害者であるこのテロリストは、(シリアでトルコ軍によって進められた)ユーフラテス川盾作戦やオリーブの枝作戦でトルコ兵に対して行われた多数の攻撃の犯人でもある」と話した。

エルドアン大統領は、

「ガラ作戦中に罪なき13人の殺害を指示した1人も同じくこのテロリストである」と述べた。

エルドアン大統領は、無力状態にされたソフィ・ヌレッティンの状況はテロ組織PKK及びクルド社会連合(KCK)とテロ組織PKKのシリアにおける派生組織PYD及びYPGが同じ組織であるという事実を否定できない形で明らかにしたと明かした。

 

(2021年5月17日)



注目ニュース