トゥルコヴィッチ・ボスニア・ヘルツェゴビナ外相、トルコに関して見解

ボスニア・ヘルツェゴビナのビセラ・トゥルコヴィッチ外務大臣はトルコはバルカン半島で建設的かつ安定した役割を果たしていると述べた。

1634806
トゥルコヴィッチ・ボスニア・ヘルツェゴビナ外相、トルコに関して見解

 

公式訪問のため5月3日にボスニア・ヘルツェゴビナに向かったメヴリュト・チャウショール外務大臣とトゥルコヴィッチ大臣は二者会談及び代表団間会談後に共同記者会見を開いた。

トゥルコヴィッチ大臣は新型コロナウイルス(Covid-19)対策でボスニア・ヘルツェゴビナに行われたワクチン支援に対してトルコとトルコ国民に感謝し、

「困難な時に行われる支援の呼びかけには真の友好国のみが耳を傾ける」と述べた。

ボスニア・ヘルツェゴビナの発展と安定は全地域にとって重要であると強調したトゥルコヴィッチ大臣は、

「トルコはバルカン半島で建設的かつ安定した役割を果たしている。トルコはボスニア・ヘルツェゴビナの領土保全を支持しているだけではなく、同時に欧州連合(EU)加盟も支持している」と話した。

トルコは北大西洋条約機構(NATO)と協力してボスニア・ヘルツェゴビナの最も重要な同盟国であると強調したトゥルコヴィッチ大臣は、

「トルコはボスニア・ヘルツェゴビナの重要な貿易パートナーである。ボスニア・ヘルツェゴビナは貿易関係で赤字を出しているとしても最近増加している輸出額は有望である」と述べた。

トゥルコヴィッチ大臣はチャウショール大臣と不法移民、安全保障、文化といった多数の事柄も取り上げたと明かし、

「対トルコ関係がボスニア・ヘルツェゴビナを強くし、ボスニア・ヘルツェゴビナで暮らす全国民の利益になると信じている」と見解を述べた。

 

(2021年5月5日)



注目ニュース