【新型コロナウイルス】 変異株に有効な国産医薬品が開発

トルコ科学技術研究機構(TÜBİTAK、トゥビタク) の支援により、アンカラ大学幹細胞研究所で、変異株の新型コロナウイルス(COVID-19)に有効な国産医薬品が開発された。

1620402
【新型コロナウイルス】 変異株に有効な国産医薬品が開発

TÜBİTAK新型コロナウイルス・トルコ・プラットフォームのもとで、国産ワクチンと国産医薬品の開発が続いている。

その内容として、TÜBİTAKの支援によりアンカラ大学幹細胞研究所で37人の研究者が任務を負い、新型コロナウイルス患者の治療に使用される医薬品開発プロジェクトが進められた。

活動の結果、リバヴィリン(Ribavirin)という名の医薬品の開発が成功裏に終了した。

新型コロナウイルス患者の治療に使用されるこの医薬品が、変異株のウイルスにも効果があることが見受けられた。1、2週間以内に臨床試験が行われるこの医薬品の第1段階の試験は、アンカラ大学イブン・スィーナー病院本部で行われ、コチ大学、ウムラニエ教育研究病院、アンカラ都市病院で、ボランティアの患者50人に服用される予定である。

 

(2021年4月13日)



注目ニュース