シェントプ議長とオクタイ副大統領からラマザン(断食月)のメッセージ

トルコ大国民議会のムスタファ・シェントプ議長が、ラマザン月(断食月)によせてメッセージを伝えた。

1620338
シェントプ議長とオクタイ副大統領からラマザン(断食月)のメッセージ
Oktay.jpg

シェントプ議長は、ソーシャルメディア上でメッセージを発信し、

「再生し、精神を清め、安らぎをもたらす11か月の王であり、クルアーンの啓示が下された月が訪れた喜びの中にいる。この祝福された日々が、我が国、全イスラム世界、そして人類に幸と恵みをもたらしてくれるよう、神に祈っている」と述べた。

フアト・オクタイ副大統領も、ラマザン月によせてメッセージを伝えた。

オクタイ副大統領は、ソーシャルメディア上でメッセージを発信し、

「助け合いと共有の月であるラマザンが、我が国民と全イスラム世界に幸をもたらしてくれるよう願っている。神が、我々が行う断食、祈り、礼拝を認め、喜びを下さるよう祈っている」と述べた。

 

(2021年4月13日)



注目ニュース