エルドアン大統領、新型コロナと観光について発言

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領兼公正発展党(AKP)党首が、観光におけるトルコのポテンシャルは非常に大きいと述べた。

1616773
エルドアン大統領、新型コロナと観光について発言

同党の拡大県長官会議で演説したエルドアン大統領は、トルコの前で真新しい時代が幕を開けたことを確信していると述べ、

「この時代は、我々が21世紀のリーダー国になる目標を達成する時代となるだろう」と語った。

トルコの観光セクターにおけるポテンシャルは非常に大きいと述べたエルドアン大統領は、新型コロナウイルス(COVID-19)対策に関し、

「我々の目標は、この国をラマザン月(断食月)に概ね休ませ、ラマザン・バイラム(断食月明けの祝祭日)後に素晴らしい日々を迎える用意をすることだ。トルコが単独で感染症対策を緩和すること、さらには単独で感染症に完全勝利することは重要ではない。本来重要なのは、我々が諸国と緊密な人道・貿易関係を築いているこの地域をはじめ、世界が概ね快方に向かう際に後れを取らず、むしろ快方の動きをけん引することである。もし我々が、ラマザン月に対策を講じて新規陽性者数を数千人に抑えることができれば、5月に始まる観光シーズンと、その際に道が開ける貿易を活性化させることができる」と語った。

 

(2021年4月7日)



注目ニュース