欧州評議会議員会議議長、エルドアン大統領及びシェントプ・トルコ大国民議会議長と会談

欧州評議会議員会議(PACE)のリック・デームス議長はトルコ訪問でレジェプ・ターイプ・エルドアン大統領及びトルコ大国民議会のムスタファ・シェントプ議長と会談した。

1611695
欧州評議会議員会議議長、エルドアン大統領及びシェントプ・トルコ大国民議会議長と会談

 

デームス議長はエルドアン大統領と大統領府総合施設で会談した。

デームス議長はまたシェントプ議長とも会談した。

シェントプ議長は会談でトルコは欧州評議会議員会議の監査プロセスから脱却したいと考えていると強調し、

「監査プロセスからの脱却に関して我々は決意している。この目標は政治改革の議題の上位に位置している。貴殿も欧州評議会議員会議もこの努力を支援し、我々の取り組みを客観的な視点から評価することを期待する。欧州評議会議員会議は一部意図的な関係者による我が国を狙った政治的動機付けのイニシアチブの道具にされている。作成された報告や一部声明は批判の限界を超えている」と話した。

デームス議長は、

「トルコ訪問は私にとって非常に重要な訪問である。なぜなら、トルコは欧州評議会の非常に重要な加盟国だからである。貴殿も申されたように貴国は欧州評議会の原加盟国の1つである。加えて、欧州評議会の創設国の1つであり、欧州評議会の原則の草案国の1つである」と述べた。

デームス議長はまた、トルコ大国民議会で野党も訪問し、まず共和人民党(CHP)のケマル・クルチダルオール党首、続いていい政党のイスマイル・タトルオール会派議長と会談した。

 

(2021年3月30日)



注目ニュース