スーダン商業相、「トルコはスーダンにとって欧州に展開する扉となれる」

スーダン商業省のアリ・ジブ・アダム大臣が、トルコはスーダンにとって欧州に展開する扉となることができると述べた。

1608414
スーダン商業相、「トルコはスーダンにとって欧州に展開する扉となれる」

アダム大臣は、スーダンの首都ハルツームにある商業省の建物で、イルファン・ネジロール駐スーダン・トルコ大使の表敬訪問を受けた。

アダム大臣は会談の後にアナドル通信に発言し、スーダンがトルコとの関係を築き、その関係を発展させなければならないことを会談で強調したと伝えた。

ネジロール大使と多くの問題について意見を一致させたと述べたアダム大臣は、

「我々がトルコの経験を生かしたいと望んでいることを伝え、経済と貿易に関わるスーダンの人員の育成について話し合った。トルコ人実業家はスーダンで様々な投資を行っている。それも奨励する」と話した。

スーダンは経済を発展させるためにトルコから力を借りることができると述べたアダム大臣は、

「スーダンには、テロ支援国家リストから除外された今、国際社会と一体化する意思がある。トルコはこの点で良い出発地点となり、スーダンにとって欧州に展開する扉となることができる。これまでトルコと結んだ貿易協定を履行すべく、努力している」と語った。

ネジロール大使も、アダム大臣に、トルコには自らの経験の蓄積をスーダンと共有する意思があり、スーダンを市場ではなくパートナーとみなしており、移行プロセスと新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けて下がった貿易額を、新たな時期に増やすことを望んでいると伝えた。

 

(2021年3月25日)



注目ニュース