ボレルEU外務・安全保障政策上級代表が対トルコ関係に関して発言

欧州連合(EU)のジョセップ・ボレル外務・安全保障政策上級代表は、

1606396
ボレルEU外務・安全保障政策上級代表が対トルコ関係に関して発言

 

「我々はトルコと候補国関係、隣国関係、最良の関係を発展させることができる最も重要な国として関係を築く意向がある。加盟国及びEUの利益を保護しつつこのことを行いたい」と述べた。

ボレル上級代表はEU外相会合後に記者達に説明して質問に答えた。

対トルコ関係が会合の主要議題項目の1つであったと強調したボレル上級代表は、この事柄は3月25、26日に開催されるEU首脳会議で取り上げられ、欧州委員会として作成した報告は首脳達に対する提言を含んでおり、閣僚達も追加で評価を行ったと語った。

ボレル上級代表はトルコから最近前向きな合図を目にしていると明かし、東地中海の緊張が緩和されたとしても状況はぜい弱であり、トルコ国内の一部進展には懸念があると主張し、

「前向きな進展を支持することに関して閣僚達と合意した」と述べた。ボレル上級代表は、

「我々はトルコと候補国関係、隣国関係、最良の関係を発展させることができる最も重要な国として関係を築く意向がある。同時に、加盟国及びEUの利益を保護しつつこのことを行いたい」と話した。

 

(2021年3月22日)



注目ニュース