エルドアン大統領がヨーロッパ諸国の人種差別主義に言及

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領が、「西側諸国の政治家は、自分らの思慮分別のなさのツケを、移民やイスラムの信者に払わせている」と述べた。

1593134
エルドアン大統領がヨーロッパ諸国の人種差別主義に言及

 

 

エルドアン大統領は、3月1日、政府会議の後に行った記者発表で、ヨーロッパ諸国で蔓延する人種差別主義について言及した。

 

「西側諸国の政治家は、自分らの思慮分別のなさのツケを、移民やイスラムの信者に払わせている」と表明したエルドアン大統領は、「今日、文化的人種差別主義は、フランスをはじめ、多くのヨーロッパ諸国で、もはや組織的人種差別主義と化してしまった」と述べた。

 

 

 

(2021年3月2日 火曜日)

 

 

 



注目ニュース