アクソイ外務省報道官、ギリシャとキプロス島ギリシャ側に呼びかけ

トルコは地域の平和と安定を脅かしていると表明したギリシャとキプロス島ギリシャ側のペアに常識をわきまえるよう呼びかけた。

1582056
アクソイ外務省報道官、ギリシャとキプロス島ギリシャ側に呼びかけ

 

外務省のハミ・アクソイ報道官は、ギリシャとキプロス島ギリシャ側のペアが欧州連合(EU)が加盟候補国トルコと構築しようとしている前向きな議題を阻止しようとし、誰かからの助けを期待して政治を行っていることは地域の平和と安定を脅かしていると表明した。

アクソイ報道官は、ギリシャ、エジプト、フランス、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、キプロス島ギリシャ側政権の外務大臣達が出席してギリシャの首都アテネで開催された「フィリア・フォーラム(友好フォーラム)」に関する質問に書面で返答した。

地域の主要国の地位にあるトルコと北キプロス・トルコ共和国が出席していないフォーラムが地域の試練の観点から有効かつ成功裏な協力及び友好関係のメカニズムを構築することは不可能であると強調したアクソイ報道官は次のように述べた。

「いかなる国も標的にしていないと主張されているこのフォーラムの最後に開かれた記者会見でギリシャの(ニコス・デンディアス)外務大臣からトルコに向けられた根拠のない告発と中傷は、実際にはこの試みが言われているような『友好関係』の上にではなく、トルコに対する敵意の上に築かれようとしている同盟の試みであることを示している」

トルコの地域における人道かつ公平性に基づく政策を批判することは、自分達の最大限の要求と見解の狭い算段のために政変を企てた者達を受け入れてリビアが政情不安に引きずり込まれる原因となった者やシリアやイラクを分断し得るテロ回廊を構築しようとする者やアゼルバイジャン領の占領に長年沈黙してきた者達の分限ではない」

トルコの国際会議の提案により東地中海で誠実かつ包括的な協力が確立されようとしている時期にトルコに対して続けられているこの姿勢は敵対的であり、EUの地中海に対する団結の努力も台無しにしていると指摘したアクソイ報道官は、

「ギリシャとキプロス島ギリシャ側のペアがEUが加盟候補国トルコと構築しようとしている前向きな議題を阻止しようとし、誰かからの助けを期待して政治を行っていることは地域の平和と安定を脅かしている。このペアに常識をわきまえ、フォーラムに出席したそのほかの国にも他国の策略の犠牲にならないよう呼びかける」と述べた。

 

(2021年2月12日)



注目ニュース