ギュル法務相、欧州拷問等防止委員会代表団と会談

アブドゥルハミト・ギュル法務大臣は欧州理事会所属の欧州拷問等防止委員会(CPT)の代表団と会談した。

1570972
ギュル法務相、欧州拷問等防止委員会代表団と会談

 

法務省での会談で欧州拷問等防止委員会代表団は、死刑執行法における変更を含む法律第7242号が刑事機関や死刑執行機関にプラスの影響を与えていることが観察されていると明かした。

パイロット適用として開始されたビデオトーク、カウント、医師の診察といった要求が電子環境で伝えられて職員と収監者の接触を排除するこの適用にも満足していることを表明した代表団は、この適用は欧州理事会諸国にとって模範となり得ると述べた。

代表団は司法サービスで実現された改革活動も前向きな雰囲気を生み出したと述べた。

 

(2021年1月26日)



注目ニュース