ファタハからトルコに感謝

パレスチナにあるファタハ中央執行委員会のジブリール・アル・ラジューブ委員長はパレスチナにおける政治的分裂終結へのトルコの努力に感謝した。

1563409
ファタハからトルコに感謝

 

アル・ラジューブ委員長はラマッラーでアフメト・ルザ・デミレル駐クドゥス・トルコ総領事(クドゥス:一部の国や地域では「エルサレム」と呼ばれている)と会談した。

トルコが「パレスチナ問題や首都をクドゥスとする独立パレスチナ国家に行っている力強い支援に対して感謝している」と語ったアル・ラジューブ委員長は、ハマースと抱える政治的分裂終結への努力にも感謝した。

パレスチナで実施された2006年の選挙に勝利したハマースがガザ地区で政権の座に就いた2007年以降、イスラエルの占領と封鎖下にあるパレスチナ領で活動する2大勢力であるハマースとファタハ間では大きな政治的分裂が発生している。

その後13年間に2大勢力間で数多くの合意が署名されたにもかかわらず、これらは施行できていない。

 

(2021年1月14日)



注目ニュース