2020年にネットで最も多く検索された船舶はオルチ・レイス号

東地中海で石油及び炭化水素探査任務を2017年に開始したオルチ・レイス号は全世界のインターネットユーザーから最も多く検索された船舶のリストで首位に立った。

1558043
2020年にネットで最も多く検索された船舶はオルチ・レイス号

 

船の動きと現在地に関するリアルタイムの情報を提供しているインターネットサイト「マリントラフィック」は2020年に最も多く検索された船舶を発表した。

データによると、昨年(2020年)世界中のインターネットで最も多く検索された船舶はオルチ・レイス号であった。

オルチ・レイス号は東地中海で石油及び炭化水素探査任務を2020年の間続行した。

トルコ海軍所属のフリゲート艦1隻が率いるコルベット艦4隻がオルチ・レイス号を保護する任務を負い、潜水艦1隻も活動を支援した。

オルチ・レイス号を保護する戦艦の数は重要な時期に8隻にまで増加した。

時折メンテナンスのためアンタルヤ港に戻るオルチ・レイス号に対して6月15日まで有効のナブテックス(海上安全情報)が発令された。

最大の天然ガス埋蔵量を備えた地域の1つである東地中海における活動により、特に2020年後半にトルコと欧州連合(EU)間で緊張が高まった。

オルチ・レイス号の活動は東地中海を議題としたEU首脳会議の見出しの1つでもあった。

この過程で二次元及び三次元弾性波探査を行った同船は世界中の好奇心をかき立てた。

 

(2021年1月5日)



注目ニュース