カライスマイルオール運輸インフラ相 「トルコは世界で最も発展したフライトネットワークを備えた国」

アディル・カライスマイルオール運輸インフラ大臣は、トルコは世界で最も発展したフライトネットワークを備えた国になったと発言した。

1540555
カライスマイルオール運輸インフラ相 「トルコは世界で最も発展したフライトネットワークを備えた国」

 

カライスマイルオール大臣は、12月7日国際民間航空デーにちなんで航空業に関する最新情報を共有した。

カライスマイルオール大臣の情報によると、トルコは国際民間航空機関(ICAO)加盟国192か国中173か国と二国間航空協定を締結している世界で最も発展したフライトネットワークを備えた国の1つである。

トルコは、127か国329拠点に達するフライトネットワークにより世界の航空輸送に最も貢献している国のトップに来ている。

カライスマイルオール大臣は、過去17年間に600以上の二国間航空交渉を行ってトルコを世界で最も発展したフライトネットワークを備えた国にしたと語った。

新型コロナウイルス(Covid-19)感染症により、全世界同様トルコでも運航が停止した。2020年1月以降、欧州では2019年と比べて79パーセント減となる14億人の乗客の損失が発生した。トルコの航空業界では56パーセントの縮小が発生した。

感染症の規制も考慮して96か国155拠点に運航が可能となっている。

カライスマイルオール大臣は、ターキッシュエアラインズ(THY)は1日当たりの運航便数の観点から欧州で最も多く運航している航空会社の1つであると明かし、

「欧州でパンデミック中に乗客数を最も増やした空港は7パーセント増でイスタンブール空港となっている」と述べた。

 

(2020年12月6日)



注目ニュース