ザハロワ露外務省報道官 「ナゴルノ・カラバフに関してトルコと連絡を取り合っている」

ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は、ナゴルノ・カラバフでの安定に関してトルコと連絡を取り合っていると発言した。

1535751
ザハロワ露外務省報道官 「ナゴルノ・カラバフに関してトルコと連絡を取り合っている」

 

週次記者会見で発言したザハロワ報道官は、トルコと政治的及び外交的議題も含めた様々な分野での協力のほか軍事レベルでも連絡を取り合っていると述べた。

ザハロワ報道官は、

「もちろん、これらがどのような方向に向かうかは、地域における状況を定期的に協議している大統領達によって特定されている」と述べた。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領、アゼルバイジャンのイルハム・アリエフ大統領、アルメニアのニコル・パシニャン首相は、11月10日からナゴルノ・カラバフでの軍事衝突を停止するために合意文書に署名している。

合意によると、前線ラインとラチン回廊に沿ってロシアの軽武装兵士960人、職員運搬装甲車90台、自動車及び特別車380台が配置されることが想定されている。

フルシ・アカル国防大臣がロシアのセルゲイ・ショイグ国防大臣と行った会談では、11月11日にナゴルノ・カラバフで停戦を監視するトルコ・ロシア合同監視センターの設立に関する合意覚書が署名されている。

 

(2020年11月27日)



注目ニュース