シェントプ議長、「イランの核科学者暗殺はテロ行為」

トルコ大国民議会のムスタファ・シェントプ議長が、イランの核科学者モフセン・ファクリザデ氏の暗殺はテロ行為であると述べた。

1536032
シェントプ議長、「イランの核科学者暗殺はテロ行為」

シェントプ議長は、ファクリザデ氏の暗殺に関しツイッター上で発言した。

シェントプ議長は、

「イランの核科学者の暗殺は、テロ行為である。違法な組織による暗殺でも、国家による暗殺でも、事件の性質を変えることはない。テロはテロであり、テロを実行した者はテロリストである。国際社会における違法行為に反対する」と述べた。

イランの首都テヘランでファクリザデ氏を暗殺した犯人は、イスラエルであると述べられている。

イラン当局者から行われた発表で、国防省調査革新機構の長官も務めていた核科学者ファクリザデ氏を暗殺した犯人は、イスラエル政府であると述べられた。

 

(2020年11月28日)



注目ニュース