アカル国防相、「イリニ作戦は当初から不健全」

フルシ・アカル国防大臣が、東地中海で行われているイリニ作戦は、国際法の健全な土台に基づいていないと述べた。

1533607
アカル国防相、「イリニ作戦は当初から不健全」

アカル大臣は、記者団の質問に答えた。

リビアへの海からの武器輸送を監視するためのイリニ作戦は、当初から不健全な作戦であると強調したアカル大臣は、

「(この作戦は)国際法の健全な土台に基づいていない」と語った。

アカル大臣は、トルコの船舶に対する違法な捜索に関し、

「遺憾なことに、我が同盟者の発言は事実を完全には反映しておらず、いくつかの事実が歪曲されている」と話した。

トルコ船籍の貨物船ROSELINA-A号は、人道支援物資を搭載してイスタンブールを出発し、リビアに向かった。

同船は、昨夜(11月23日)ギリシャ海軍の一司令官の指示により行われたイリニ作戦で任務を負うドイツのフリゲート艦によって、モラ(ペロポネソス)半島の南西側で違法な形で停止させられた。

船舶のスピードを落とさせ、航路を断った兵士は、トルコ側の許可も得ないまま、違法であるとのすべての警告を無視し、船舶のすべてのコンテナを開いて捜索した。

船長が貨物の中身に関して申告したにもかかわらず、曖昧な疑いがかけられて開始され、深夜まで続いたこの介入は、トルコ側の強い警告によってようやく終了した。武装した人員は、朝まで貨物船に残り、朝になって船舶を去った。

イリニ作戦は、国連のリビアに向けた武器禁輸の監視のために欧州連合(EU)が地中海で開始した作戦で、物議をかもしている。

 

(2020年11月24日)



注目ニュース