エルドアン大統領、カフラマンマラシュ・ギョクスン間高速道路の開通式で演説

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領が、開通式を行ったカフラマンマラシュ・ギョクスン間高速道路を「文学の道」(エデビヤト・ヨル)と名付けたと述べた。

1523668
エルドアン大統領、カフラマンマラシュ・ギョクスン間高速道路の開通式で演説

カフラマンマラシュとカイセリを結ぶ経路に建造された64・1キロメートルのカフラマンマラシュ・ギョクスン間高速道路の開通式が、エルドアン大統領によって行われた。

この道路を「文学の道」と名付けたことを明らかにしたエルドアン大統領は、開通式で演説し、

「この道路により、年間合計1億3030万リラ(約15億7557万円)節約することになる」と語った。

長さ合計64.1キロメートルのこの高速道路には、トンネル11本、高架橋2本、橋2本、インターチェンジ6か所がある。

 

(2020年11月7日)



注目ニュース