【テロ掃討】 シリア北部とハタイ県でテロリストが無力状態

シリアの平和の泉作戦実行地域で、分離主義テロ組織YPG/PKKのメンバー9人が無力状態にされた。

1513410
【テロ掃討】 シリア北部とハタイ県でテロリストが無力状態

トルコ国防省から行われた発表によると、平和の泉作戦実行地域に擾乱射撃を行ったテロリストへの反撃が行われた。

発表で、「平和の泉作戦実行地域に迫撃砲と多銃身ロケットランチャーを撃ち込んだテロ組織YPG/PKKに対し、大砲支援を受けて介入が行われ、YPG/PKKのメンバー9人が無力状態にされた」ことが述べられた。

一方、トルコ内務省から行われた発表で、ハタイ県アマノス山脈で地域を偵察・監視する治安部隊が作戦を実行し、その結果テロリスト1人が死亡した状態で、1人は生きた状態で拘束されたことが伝えられた。

生きた状態で拘束されたこのテロリストが、一時期ムシュ県ヴァルト区長、2008~2010年には平和民主党(BDP)党首、第24期人民民主党(HDP)ムシュ県議会議員を務め、現在も国外に逃亡しているデミル・チェリキの息子で、グレーカテゴリーで捜索されていたコードネーム「サワシュ」のヨルダシュ・セリム・チェリキであることが判明した。

 

(2020年10月21日)



注目ニュース